日本歯科大学 新潟生命歯学部

大学紹介

歯学部長挨拶

歯学部長挨拶イメージ 日本歯科大学は、中原市五郎が明治40年(1907)にわが国最初の歯科医学校として創立し、「自主独立」を建学の精神として百年を超える歴史を刻んできました。また、日本歯科大学は歯科医学に特化した総合大学として2つの歯学部を有する唯一の歯科大学でもあります。その2つの歯学部の一つが新潟生命歯学部です。

 生命歯学とは、歯科医学は歯・口腔のみならず生命体を学ぶ学問であり、歯科医療は生命体への医行為であることから名付けられたものです。

 さて、新潟生命歯学部では常にこの生命体との関連性を念頭におき、6年一貫教育によるカリキュラムを編成し、一般教育から基礎・臨床教育に至るまで系統だった教育により、口腔と全身を診るのみならず、患者さんや患者さんの家族とも寄り添える歯科医師の養成を目指しています。

 特に、超高齢者社会の時代に在宅歯科医療や口腔ケア、また、医師、看護師、介護関係者など歯科医療従事者以外の多職種とも連携して医療がおこなえる地域密着型、いわゆる地域包括ケアで活躍できる歯科医師の育成に重きをおいております。その一環として歯科病院(新潟病院)では、我が国の歯科大学で初の在宅往診ケアを1987年から実施してきた経験を活かし、学生教育に訪問歯科診療の臨床実習、退院時カンファレンスの参加などを取り入れています。
 さらに、新潟生命歯学部は歯科病院に加え、医科病院の2つの病院を併せ持っており、この医科病院において内科・外科・耳鼻科の臨床実習を行っており、医学に対する知識の習得のみならず医科と歯科の医療連携についても実際の現場で学ぶことが出来ます。
 また、新潟県は小児の齲蝕(むし歯)が10年以上連続して全国で最も少ない地域であり、平成20年には全国で初めて「歯科保健推進条例」を制定した県でもあります。
 日本歯科大学新潟生命歯学部はこのような歯科保健の先進県に立地し、社会のニーズに応えられる歯科医師の養成ならびに医療機関、研究機関として幅広い社会貢献をしています。