日本歯科大学 新潟生命歯学部

学生国際交流

Chinvipas Netrporn

NDU from my feeling

Chinvipas Netrporn

Chinvipas Netrporn

Who would believe...once in our life time, we had been in a place. That place, we had an impression, good friendship and good memories. When time passed by...4 years later, we would get a change to get back there, the place we cannot forget.

4 years ago, I had come to The Nippon Dental University at Niigata, as an exchange student from Mahidol University for a week. There was only a week but warm welcome, friendly Japanese comrades including accommodation were impressed me and made me want to come back again. That time I could make good companions. We hanged around and visited many places. All things we had done are always in my memory. I would like to thank NDU to give a chance to students of Mahidol University and all of Japanese friends to make my first time in Japan full of fun and happiness. After going back to Thailand, I restarted my Japanese classes. Actually I started the Japanese language when I was 13 years old then stopped in the high school. I was waiting for getting back in Japan again. Finally, my dream came true. I got a letter of acceptance for being a postgraduate student of Orthodontics department in The Nippon Dental University at Niigata.

This time, my second time in Japan, I have come as a postgraduate student. On the way to the university, all buildings, cityscape and even Shinano River are quite familiar. However, my stay will not be only a week, the postgraduate program will be taken for 3-4 years. Being alone in a foreign country and foreign language will not be so easy. Additionally, this is my first time for staying by my own self. I had never stayed away from my family longer than 2 weeks. Luckily, I have my Japanese friends and teachers to encourage and support me. New life is going to be so challenge.

First day of my postgraduate life began with impression. The door of our department was decorated with a hand drawing picture. That picture was me. I was so surprised. In our department there are 11 members. They all are really nice and kind, especially our Professor, Terada Kyouju. He always gives us a good advice and supports us in many ways. Furthermore, he has a Japanese class for foreign postgraduate students. In this year, there are also other foreign students that one is from China and other three are from Thailand, including me. Study within these 4 years does not seem to be so tough or lonely for me.

The Nippon Dental University at Niigata was located near a sea shore. So I always take my free time to go for a run there. The sunset is so beautiful. Some days, in the sunny day, I was standstill and looked at the sunset as if I was bewitched. The summer is coming. The sun dawns so early in the morning around 4 o'clock and sets around 8 o'clock in the evening. Wow, the sun works so hard. It works 16 hours for Japan in the summer. I have never seen before. In Thailand the sun always rises around 6 and sets around 6. The summer is quite hot and humid. Anyway, I prefer summer. In the spring, it was quite cold. But friends said the coldest will be in winter....am I going to die of cold? We will see.

Finally, I got a chance to come back to my favorable place and see some same old friends once again. I will try to keep all things and memories that happened or will happen within these next 4 years. It will be one of my best time in my life.


日本語対訳

誰が信じるでしょう...人生の中で、かつて私はその場所にいました。そこは良い友人関係と思い出がとても印象深い場所です。時が過ぎ...4年後に私たちはその場所、忘れられない場所に戻る機会を得ました。

4年前、私はMahidol大学からの交換留学生として、日本歯科大学新潟生命歯学部に1週間通いました。短い間でしたが、日本の友人たちはとても優しく接してくれたことが印象深く、私はまた来たいと思いました。いろんなところを訪れ、たくさんの友人を作ることができました。すべてが大切な思い出です。初めての日本滞在を、とても楽しく幸せに過ごすことができましたことを、Mahidol大学からの交換留学生として受け入れてくれた日本歯科大学新潟生命歯学部、そして日本の友人に感謝します。タイに戻ってから、私はまた日本語の勉強を始めました。実は、私は13歳から高校卒業まで日本語の勉強をしていたのです。私は、再び日本を訪れるのを楽しみにしていました。ついに、私の夢はかないました。日本歯科大学新潟生命歯学部歯科矯正学講座の大学院生として入学を許可されたのです。

今回は、2回目の日本滞在です。大学院生として来日しました。大学への道すがら、すべての建物、町の様子、そして何よりも信濃川がとても懐かしく思えました。しかし、今回の滞在は一週間ではなく、大学院生として3から4年に及ぶものです。一人で外国に、そして外国語圏に滞在することはそう簡単ではありません。付け加えると、今回が私にとって初めての一人暮らしなのです。私は、今まで2週間以上家族と離れて生活したことはありませんでした。私のことを励ましてくれたり支えてくれる日本の友人たち、先生たちがいるのは、幸せなことです。新しい生活はとてもやりがいのあるものになるでしょう。

私の大学院生活は、印象的な第一日目から始まりました。講座研究室入り口のドアに、手書きの絵が飾られていました。それは、私の絵だったのです。私はとても驚きました。私の所属する講座には11人のメンバーがいます。彼らはとても優しく、なかでも寺田教授は特別です。寺田教授は的確な助言をしてくれますし、私たちをいつも支えてくれています。さらに、寺田教授は海外から留学してきている大学院生向けに日本語を教えてくれているのです。今年は、中国から一人、タイから私を含めて3名の留学生がいます。4年間の留学は辛かったり孤独であることはないでしょう。

日本歯科大学新潟生命歯学部は、海辺の近くにあります。私は、自分の時間を浜辺のランニングをして過ごします。夕焼けはとてもきれいです。ある晴れた日、私は魅了されたように立ち止って夕日を見つめていました。夏が来ました。太陽は朝とても早く、4時くらいには昇り、夜8時ころに沈みます。日本の太陽はとても働き者です。いままで見たことがありません。タイでは太陽はいつも朝6時ころに上り夕方6時には沈みます。日本の夏はとても暑く、そして湿度が高いです。それでも、私は日本の夏が好きです。春はとても寒かったからです。でも、友達は一番寒いのは冬だよって言っていました...寒さで凍え死んでしまうかも。まぁ、様子を見てみましょう。

ついに、私は自分の気に入った場所を再び訪れ、そして何人かの旧知の友人と再会することができました。私は、この4年間の出来事や想いでを忘れないようにしたいと思っています。それは,私の人生の中で最も輝いた時間の一つとなるでしょう。