日本歯科大学 新潟生命歯学部

大学紹介

歯科保存学第1講座

所属構成員等

pic_dental01-4.jpg准教授/北島佳代子*1,2,3,4、佐藤友則(総合診療科併任)
講師/新井恭子*5

大学院生/鎗田将史
客員教授/田久昌次郎
非常勤講師/大石繁康、朝比奈壮郎*2北野芳枝*2木村正子石黒仁和子井野場朗子貝津 徹、渡辺 学、三好敏朗山田理絵、五十嵐悟、宮本美智子、松田浩一郎、飯島 正、湊華絵

事務職員/渡邉恭子(併任)
(*1日本歯科保存学会 歯科保存治療指導医、*2同 歯科保存治療専門医、*3日本歯内療法学会 指導医*4同 歯内療法専門医*5日本歯科保存学会 歯科保存治療認定)

本講座は歯内療法学(歯髄根尖歯周疾患療法学)を担当しており、臨床基礎実習で学生指導と評価を行っている。

研究テーマ

主たる研究テーマは、「各種歯内治療薬剤や器材を用いた歯髄・根尖歯周組織の創傷治癒に関する病理組織学的研究」、「NiTi製ファイルを用いた狭窄湾曲根管の機械的・化学的拡大形成に関する研究」、「NiTi製ファイルの金属疲労に関する研究」、「歯髄疾患と根尖性歯周組織疾患に関連する細胞の生物特性に関する研究」、「歯根膜細胞から得た細胞を用いた三次元再構成培養法による上皮や粘膜の再生法」、「歯内疾患関連の細胞培養実験」、「歯髄再生療法に関する研究」、「歯内療法学実習用模型ならびに人工歯の開発に関する研究」などである。

学生教育

学生教育としては、第3学年の歯内療法学講義と第4学年の歯内療法学実習、第5学年のTBL学習と歯内療法学講義、第6学年の必修講義、総括授業、問題解説講義などを行っている。また第1学年の臨床から振り返る基礎学、歯科症候学演習(PBL学習)、第2学年の口腔解剖学(歯髄腔の解剖学)、第4学年の歯性感染症などの統合講義の他、実習としては第1学年のファンダメンタルスキル実習IIハンドスキル、第1、第3学年の早期臨床実習、第4学年の医療コミュニケーション実習、第4学年の口腔外科・全身管理学実習に参画している。臨床実習では、講座教員は診療科医員と連携を保ちながら、第5学年臨床実習生教育、新潟短期大学および明倫短期大学の歯科衛生科学生教育にも参画している。さらに新潟短期大学では歯科疾患の科学ならびに歯科保存学の講義を行っている。

その他

臨床面では、新潟病院の総合診療科において診療にあたり、手術用実体顕微鏡を用いた歯内療法を活用して病院に紹介来院される難治症例の治療に積極的に取り組み、稀少な症例について基礎的分析を加え、科学的根拠に基づいた症例報告を行っている。

歯科保存学第1講座 研究年報

2012年

五十嵐 勝:特集1 学会レポート2 第9回日本顕微鏡歯科学会学術大会 初心者からエキスパートへの道"The Pathway from Beginner to Expert",日本顕微鏡歯科学会 編,13-15,別冊 the Quintessence マイクロデンティストリーYEAR BOOK2012 ここまできた!多分野でのマイクロスコープ活用術,クインテッセンス出版株式会社,東京,2012.

*五十嵐 勝,山田 理絵,松田 浩一郎,新井 恭子,反町 香子,北島 佳代子:超音波機器を用いた破折器具除去の難易度に関する考察.○日歯内療誌,33(2)、99-104,2012.

北島 佳代子,新井 恭子,横須賀 孝史,佐藤 友則,北野 芳枝,朝比奈 壮郎,五十嵐 勝:正中部分割下顎模型を用いた下顎切歯根管充填の評価に関する一考察,○日本歯科医学教育学会雑誌,28(3),184-191、2012.

2013年

五十嵐 勝(分担):第2章 2.若年者の歯内療法,歯根未完成歯は歯内療法の難症例か,興地隆史,井澤常泰,石井信之,木ノ本喜史,80-87,ライフステージと歯内療法 歯の長期保存のために,デンタルダイヤモンド社,東京,2013,ISSN 0386-2305.

五十嵐 勝,北島 佳代子,新井 恭子:歯内療法学専門用語集,特定非営利活動法人日本歯科保存学会・日本歯内療法学会 編,医歯薬出版株式会社,東京,2013.

*松田 浩一郎,新井 恭子,北島 佳代子,五十嵐 勝:シングルファイル法とマルチファイル法における湾曲根管に対する拡大形成の切削特性に関する研究,○日歯保存誌,56(6),526-536,2013.

中川 綾,小野 幸絵,小松崎 明,江面 晃,黒川 裕臣,田中 彰,秋山 麻美,新井 恭子,岡田 匠,野村 隆:社会的ひきこもり者の歯科受診症例―歯科受診がひきこもりの改善に寄与する可能性について―,口腔衛生学会雑誌,(1),27-33,2014.

五十嵐 勝,北島 佳代子,新井 恭子:(総説)シングルファイル法に到達したNiTiロータリーファイルの潮流,日歯内療誌,35,3-15,2014.

五十嵐 勝:Q&A 若年者の根未完成歯の保存法,DENTAL DIAMOND,39,108-109,2014.

北島 佳代子:歯学のページ これからの根管治療 ニッケルチタンロータリーフィルとステンレススチールファイルのハイブリット根管治療,和歯報, 445,17-24,2013.

北島 佳代子:歯学のページ これからの根管治療 手探りの歯内治療から目に見える歯内治療へ,和歯報, 446,36-45,2013.

北島 佳代子:歯学のページ これからの根管治療 Mineral trioxide aggregate (MTA) を用いた外科的歯内治療法,和歯報, 447,74-80,2013.

北島 佳代子:歯学のページ 症例を通して根管治療を再考する(1)大型根尖病変の治療に対するNaOClの有効性,和歯報,448,28-34,2013.

北島 佳代子:歯学のページ 症例を通して根管治療を再考する (2)石灰化・狭小化した根管の治療に対する考え方と無機質溶解剤の使用法,和歯報,449,22-30,2014.

2014年

2014年_歯科保存学第1講座 (PDFファイル)
【著 書】

五十嵐 勝:2 基礎研究からの考察,監修 須田英明,新しいNi-Ti製ファイルの歯内療法 Single Patient Use時代の到来,クインテッセンス出版,東京,2014.

【原 著】

*Yamada R, Kitajima K, Arai K, Igarashi M. Cytokeratin expression of engrafted three-dimensional culture tissues using epithelial cells derived from porcine periodontal ligaments. ☆◎J Oral Pathol Med. 2014;43:637-645.

総説・解説】

北島佳代子:歯学のページ 根管治療を難症例にしないために必要なこと,和歯報,450:39-45,2014.

五十嵐 勝,北島佳代子,新井恭子:1つ上を目指す歯内療法へのアプローチ(Ⅳ) -抜髄(Initial Treatment)【臨床編】1.歯髄の検査法,日本歯科評論,74:79-94,2014.

五十嵐 勝:新時代の歯内療法:エビデンスとアートの融和 6.Nitiロータリーファイル改良の評価,季刊 歯科医療,28:45-54,2014.

五十嵐 勝,北島佳代子,新井恭子:1つ上を目指す歯内療法へのアプローチ(Ⅳ) -抜髄(Initial Treatment)【臨床編】2.歯髄の診断,日本歯科評論,74:79-89,2014.

五十嵐 勝,新井恭子,北島佳代子:第2章 歯の破折の処置(症例別対応)5.歯根破折 1 水平歯根破折への対応,臨床力アップにつながる 歯の破折の診断と処置,デンタルダイヤモンド社,39:68-76,2014.

五十嵐 勝,北島佳代子,新井恭子:歯科界の潮流 歯科用マイクロスコープは多領域で活用されている,歯学102 秋季特集号:8-11,2014.

2015年

【著 書】

五十嵐 勝 (分担) : 歯髄腔の解剖学. 興地隆史, 須田英明, 中村 洋 編集主幹 : エンドドンティクス. 第4版, 永末書店, 京都, 2015, 10-25. ISBN978-4860-1289-1.

五十嵐 勝 (分担) : NiTiロータリーファイルの現在. 北村和夫, 木ノ本喜史, 佐藤暢也, 澤田則宏 : 別冊2015最新歯内療法の器具・器材と臨床活用テクニック. , 株式会社ヒョーロン・パブリッシャーズ, 東京, 2015, 48-53. ISBN06934-5.

【原 著】

*角竹功次, 吉岡隆知, 北島佳代子, 五十嵐 勝:根管治療中の器具誤飲症例からの考察,○日歯内療誌, 36: 126-129, 2015.

【総説・解説】

五十嵐 勝, 北島佳代子, 菅原佳広, 佐藤友則:ポストグラデュエート・コース これからはじめるマイクロスコープ診療. 日本歯科大学校友会・歯学会 会報. 2015; 41: 41-46.

2016年

【著 書】

1) 五十嵐 勝, 北島佳代子, 新井恭子 (分担) : 5. 歯髄の診査法. 木ノ本喜史編著 : 歯内療法成功への道 抜髄 Initial Treatment 治癒に導くための歯髄への臨床アプローチ. 1版, 株式会社ヒョーロン・パブリッシャーズ, 東京, 2016, 73-90. ISBN978-4-86432-032-0.

2) 五十嵐 勝, 北島佳代子, 新井恭子 (分担) : 6. 歯髄の診断. 木ノ本喜史編著 : 歯内療法成功への道 抜髄 Initial Treatment 治癒に導くための歯髄への臨床アプローチ. 1版, 株式会社ヒョーロン・パブリッシャーズ, 東京, 2016, 91-101. ISBN978-4-86432-032-0.

五十嵐 勝 (分担) : 3章 NiTiロータリーファイル NiTiロータリーファイルの変遷. 北村和夫編著 : 歯内療法の三種の神器 すぐに役立つ世界標準のテクニック&最新トレンド. 1版, 株式会社デンタルダイヤモンド, 東京, 2016, 72-79. ISBN978-4-88510-363-6.

五十嵐 勝 (分担) : 歯根尖切除術. 角 保徳, 樋口勝規, 梅村長生, 柴原孝彦編集 : 臨床口腔外科学-一からわかる診断から手術-. 1版, 医歯薬出版株式会社, 東京, 2016, 287-292. ISBN978-4-263-44482-5.

2017年

【原 著】

*Kitajima K, Yamada R, Minato H, Arai K , Igarashi M. Rat molar root canal treatment carried out under a dental microscope. ◎Int J Microdent. 2017; 8: 110-115.

*山田理絵, 湊 華絵, 北島佳代子, 新井恭子, 五十嵐 勝. エンドレズをラット臼歯の根管充塡に用いた後の根尖歯周組織の創傷治癒に関する組織学的観察. ◯日歯保存誌. 2017; 60: 170-177.

*五十嵐 勝,北島佳代子,新井恭子:歯冠歯根破折を伴う上顎小臼歯に対する根管内接着法と意図的再植術の応用,○日歯内療誌,38(2):114-121,2017.

【総説・解説】

*五十嵐 勝、北島佳代子:歯根未完成歯の歯内療法の考え方【総説】,日歯保存誌,60:191-196,2017.

北島佳代子,五十嵐 勝:歯根未完成歯の生活歯髄への対応,日本歯科評論,77(9):69-78,2017.

北島佳代子,五十嵐 勝:クリニカル・トピックス 今日の根管治療,新歯界,769:22-24, 2017.

五十嵐 勝, 前田宗宏,北島佳代子,小倉陽子:ポストグラデュエート・コース〈Cコース〉 これからはじめるマイクロスコープ診療. -マイクロエンド初級-,日本歯科大学校友会歯学会 会報,43: 57-62,2017.

2018年

【原 著】

*新井恭子, 松田浩一郎, 山田理絵, 北島佳代子, 北野芳枝, 朝比奈壮郎, 五十嵐 勝 (7th) (7 authors). Ni-Tiロータリーファイルの切削能に関するマルチファイル法とシングルファイル法の比較. ◯日歯保存誌. 2018; 61: 40-47.

*Kitajima K, Minato H, Igarashi M. Microscopic removal of a broken nickel-titanium file protruding from a root apex along the maxillary sinus floor. ◎Int J Microdent. 2018; 9: 20-27.

* Kitajima K, Ridhima Das, X Liang, E Neppelberg, Anne Christine Johanessen,DE Costea, and Masaru Igarashi: Isolation and Characterization of Cells Derived from Human Epithelial Rests of Malassez, ☆◎Odontology. 2019;107:291-300. DOI:10.1007/s10266-018-0397-7

*Minato H, Kitajima K, Arai K, Igarashi M. Revascularization after Pulpectomy of Immature Molars in Rats. ◯Jpn J Conserv Dent. 2019; 62: 27-38. DoI : 10.11471/shikahozon.62.27. (学位論文)

*Kitajima K: Reconstruction of the periodontal tissues by applying Mineral Trioxide Aggregate (MTA) on vertical root fracture line with the combination of adhesive therapy and intentional replantation, ○Jap J Conserv Dent.2019;62:54-64. DOI:10.11471/shikahozon.62.54

【総説・解説】

五十嵐 勝, 北島佳代子, 新井恭子, 西田太郎:ポストグラデュエート・コース〈Cコース〉 これからはじめるマイクロスコープ診療. -マイクロエンド初級-,日本歯科大学校友会・歯学会 会報,44: 46-49,2018.

2019年

【総説・解説】

*Kitajima K. Consideration about long-term process of dental pulp conservative treatment for the coronal pulp widely replaced with hard tissue. 〇◇Oral Health and Care. 2019; 4: 1-4. DOI: 10.15761/OHC.1000188.

*Kitajima K, Minato H, Igarashi M. Microscopic removal of a broken nickel-titanium file protruding from a root apex along the maxillary sinus floor. ◎Int J Microdent. 2018; 9: 20-27.

*Kitajima K, Arai K, Yokosuka T, Satoh T, Kitano Y, Asahina T, Miyoshi T, Igarashi M (7,8th) (8 authors). Root-end restoration using MTA against the intractable cases of root canal treatment. 〇◇Open J Dentistry and Oral Health. 2020; 2: 1-7. DOI: 10.36811/ojdoh.2020.110005

2020年

【原 著】

*新井恭子,湊 華絵,清水公太,北島佳代子,横須賀孝史,佐藤友則.ソフトレシプロック(RECIPROCⓇ blue)を使用した根管拡大の切削能に関する研究.〇日歯内療誌.2020:43:103-109.DOI:10.20817/jeajournal.41.2_103.

*Kitajima K, Shimizu K, Minatio H, Arai K, Yokosuka T, Satoh T, Matsuda K,Yamada R,Igarashi M. Investigation of root canal enlarging and shaping times, forces, shaping regions, and transportation amounts by the reciproc Ni-Ti rotary file with a special-purpose mortor and by reciproc direct. 〇The International Journal of Microdentistry. 2020; 11: 36-41.

学会賞

2012年

JEA-KAE Poster-award(The 10th JEA-KAE Joint Scientific Meeting at Seoul), IGARASHI Masaru, YAMADA Rie, KITAJIMA Kayoko, ARAI Kyoko, 24 Mar, 2012,Histological observations of engrafted organotypic cultures using epithelial cells and fibroblasts derived from PDL.

JEA-KAE Poster-award(The 10th JEA-KAE Joint Scientific Meeting at Seoul), KITAJIMA Kayoko, ARAI Kyoko, IGARASHI Masaru, 24 Mar, 2012,Isolation of stem cell marker positive epithelial like cells derived fromPDL and observation of morphologic character after cell culture.

2013年

日本歯内療法学会 平成24年度優秀論文賞, 五十嵐 勝, 山田理絵, 松田浩一郎, 新井 恭子, 反町香子, 北島佳代子, 2013年5月26日, 超音波機器を用いた破折器具除去の難易度に関する考察

2014年

JEA- KAE Poster-award (The 12th JEA- KAE Joint Scientific meeting at Busan), KITAJIMA Kayoko, ARAI Kyoko, IINO Hanae, YAMADA Rie, IGARASHI Masaru, 22 Mar, 2014, Peripheral tissues of mouth invade into the periapical lesion.

2015年

日本歯科大学歯学会学術奨励賞,山田理絵, 2015年6月6日,ブタ歯根膜由来上皮細胞を用いた三次元再構成培養組織の移植後のサイトケラチン発現

外部研究費

2011年

1)日本学術振興会科学研究費、基盤研究(C),(継続),五十嵐 勝(代表),北島 佳代子,新井 恭子(研究分担者),吉村 建(連携研究者),歯根膜から得た上皮細胞を用いた歯肉様再構成組織の免疫組織学的研究

2)日本学術振興会科科学研究費、基盤研究(C),(継続),北島佳代子(代表),五十嵐 勝,新井 恭子(研究分担者),吉村 建(連携研究者),上皮幹細胞マーカーに反応する歯根膜内上皮系細胞の分離と解析

2012年

日本学術振興会科学研究費、基盤研究(C),(新規),五十嵐 勝(代表),北島 佳代子,新井 恭子(研究分担者),歯根膜から得た細胞を用いた三次元再構成培養組織を併用する歯の再植法に関する研究

2013年

1)日本学術振興会科学研究費、基盤研究(C)、(継続)、五十嵐 勝(代表)、北島 佳代子、新井 恭子(研究分担者)、歯根膜から得た細胞を用いた三次元再構成培養組織を併用する歯の再植法に関する研究

2)日本学術振興会科学研究費、基盤研究(C)、(新規)、北島 佳代子(代表)、五十嵐 勝、新井 恭子(研究分担者)、三次元培養システムによる歯根膜由来幹細胞とMTA界面の歯根膜再生に関する動態解析

2014年

日本学術振興会科学研究費補助金 基盤研究(C) 継続,2012~2014年度,歯根膜から得た細胞を用いた三次元再構成培養組織を併用する歯の再植法に関する研究,研究代表者 五十嵐 勝,研究分担者 北島佳代子,新井恭子,総取得額 5,330,000円.

日本学術振興会科学研究費補助金 基盤研究(C) 継続,2013~2015年度,三次元培養システムによる歯根膜由来幹細胞とMTA界面の歯根膜再生に関する動態解析,研究代表者 北島佳代子,研究分担者 五十嵐 勝,新井恭子, 総取得額 5,070,000円.

2016年

日本学術振興会科学研究費補助金 若手研究(B)新規,2016年~2018年度,歯髄由来細胞含有コラーゲンゲルで被包した意図的再植歯周囲の硬組織再生に関する研究, 研究代表者 山田理絵,総取得額3,900,000円.

2017年

日本学術振興会科学研究費補助金 基盤研究(C)新規,2017年~2019年度,根未完成失活歯に象牙芽細胞活性化因子を併用した血管再生療法の根管壁硬組織再生, 研究代表者 北島佳代子, 研究分担者 五十嵐 勝, 新井恭子,総取得額4,550,000円.

2018年

平成30年度(第43回)学術研究振興資金,2018年度,垂直性歯根破折接着線相当部のMTA充塡による歯周組織再生,研究代表者 北島佳代子,研究分担者 新井恭子,湊 華絵,山田理絵,五十嵐 勝,総額1,900,000円.

日本学術振興会科学研究費補助金 若手研究 新規,2018年~2020年度,Pulp revascularizationの新生組織形成機構の免疫組織学的解析, 研究代表者 湊 華絵,総取得額2,340,000円.

2019年

日本学術振興会科学研究費補助金, 基盤研究 (C) , (継続), 2017-2019年度, 根未完成失活歯に象牙芽細胞活性化因子を併用した血管再生療法の根管壁硬組織再生, 北島佳代子(代表), 五十嵐 勝, 新井恭子(分担), 910000円.

日本学術振興会科学研究費補助金, 若手研究, (継続), 2018-2020年度, pulp revascularizationの新生組織形成機構の免疫組織学的解析, 湊 華絵(代表), 936000円.

2020年

日本学術振興会科学研究費補助金 基盤研究(C)新規,2020年~2022年度,歯髄由来細胞を応用する意図的再植後の歯根膜と歯周組織再生に関する長期的研究,研究代表者 佐藤友則,研究分担者 北島佳代子、新井恭子、湊 華絵,総取得額2,080,000円.