日本歯科大学 新潟生命歯学部

大学紹介

放射線科

所属構成員等

教授/小椋一朗(科長・併任)*1,2,3,4,5

講師/佐々木善彦*1,2、諏江美樹子*1,2、織田隆昭*1,2
診療放射線技師/寺島秀治(技師長)、前山重則、石本亜砂子、滝沢友香、三木悠作

(*1 歯科放射線認定医、*2 歯科放射線専門医、*3歯科放射線指導医、*4第1種放射線取扱主任者免状、*5PET核医学歯科認定医)

特徴

放射線科の保有機器は以下の通りである。歯科用X線撮影装置3台、顎関節規格撮影装置、頭部X線規格撮影装置、パノラマX線撮影装置、一般X線撮影装置2台、骨密度計測装置(DXA法)、X線TV装置、マンモグラフィ、ライナック放射線治療装置、16列マルチスライスCT撮影装置、核医学検査装置(SPECT/CT)、磁気共鳴画像検査装置(1.5T)、ポータブルX線撮影装置。放射線科はこれらの豊富な検査機器および治療機器をデジタル化し院内においてネットワーク構築、新潟病院および医科病院の各診療科が要求する様々な画像検査に対応している。また口腔外科と協力して口腔癌の放射線治療を行っている。

学生教育、研修歯科医指導等

学生教育は見学、実習、臨床への参画を行っている。実際の検査や治療を通じて、患者の立場に立った医療人としての知識と態度と技能を習得させるよう努めている。アドバンスドコースとして放射線科を選択した研修医に対しては、基本的な診断力の他に、CT、MRI、RI、超音波検査に関する検査方法、画像処理および画像診断の技術およびケースプレゼンテーション能力を習得させている。さらに、歯科放射線認定医・専門医・指導医への道も含めた専門教育を行っている。

その他

歯科病院として充実した画像検査設備を保有しているので、院内だけでなく、外部の診療所からの様々な検査依頼にも柔軟に対処している。

放射線科 研究年報

2012年

織田隆昭,亀田綾子,山口晴香,諏江美樹子,佐々木善彦,羽山和秀,土持 眞:下顎骨骨髄炎が疑われた顎骨中心性癌の一例,第39回新潟核医学懇話会,新潟,2012年4月21日.

佐々木善彦,亀田綾子,山口晴香,織田隆昭,外山三智雄,羽山和秀,土持 眞,渡邉文彦,柴崎浩一:歯科用インプラント毎入後の顎骨変化:骨シンチグラフィによる検討,第39回新潟核医学懇話会,新潟,2012年4月21日

亀田綾子,山口晴香, 織田隆昭,諏江美樹子,佐々木善彦,羽山和秀,土持 眞: CTによる口腔扁平上皮癌頸部後発リンパ節転移の検討,第66回新潟画像医学研究会,新潟,2012年6月16日.

羽山和秀,山口晴香,織田隆昭,諏江美樹子,亀田綾子,佐々木善彦,土持 眞:骨シンチグラフィ動態解析による検討 ― 顎骨骨髄炎 ―,日本歯科放射線学会第215回関東地方会,松戸,2012年7月7日.

諏江美樹子,山口晴香,織田隆昭,亀田綾子,佐々木善彦,羽山和秀,土持 眞:過去16年間の当科における口腔癌放射線治療に関する検討,第31回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会,東京,2013年1月24日.

羽山和秀,土持 眞,山口晴香,織田隆昭,諏江美樹子,亀田綾子,佐々木善彦:骨シンチグラフィ動態解析による検討 ― 顎骨疾患 ―,第78回日本核医学会関東甲信越地方会 ,東京,2013年1月26日.

2013年

Kazuhide Hayama, Makoto Tsuchimochi, Haruka Yamaguchi, Takaaki Oda1, Mikiko Sue, Ayako Kameta Yoshihiko Sasaki:Dynamic analysis of technetium-99m HMDP accumulation and its effect on regional bone metabolism and bone blood flow in bisphosphonate-related osteonecrosis of the jaw,☆Oral Radiology,2013;29:135-139.

織田隆昭,山口晴香,諏江美樹子,亀田綾子,佐々木善彦,羽山和秀,土持 眞:下顎骨骨髄炎が疑われた顎骨中心性癌の一例,新潟核医学懇話会記録誌(CD-R),2012;doi:39(2):1-6.

佐々木善彦,織田隆昭,亀田綾子,外山三智雄,羽山和秀,土持 眞,渡邉文彦,柴崎浩一:歯科用インプラント埋入後の顎骨変化:骨シンチグラフィによる検討,新潟核医学懇話会記録誌(CD-R),2012;doi:39(1):1-4.

佐々木善彦:新しい医療用画像処理・診断支援システムの導入,日本歯科大学新潟病院 IVY NEWS LETTER,22:5,2013

佐々木善彦,山口晴香,諏江美樹子,織田隆昭,亀田綾子,羽山和秀,土持 眞: Warthin腫瘍の核医学診断,歯学101秋季特集号:43-46,2013.

羽山和秀,土持 眞,山口晴香,織田隆昭,諏江美樹子,亀田綾子,佐々木善彦:顎骨骨髄炎症例の骨シンチグラフィー動態解析による検討,第67回日本口腔科学会学術集会,宇都宮市,2013年5月23日.

羽山和秀,土持 眞,山口晴香,織田隆昭,諏江美樹子,亀田綾子,佐々木善彦:骨シンチグラフィー動態解析による顎骨疾患の検討,第54回日本歯科放射線学会総会・学術大会,福岡市,2013年6月2日.

亀田綾子,山口晴香,織田隆昭,諏江美樹子,佐々木善彦,羽山和秀,土持 眞:口腔扁平上皮癌頸部後発リンパ節転移のCT画像による検討(第二報),第54回日本歯科放射線学会総会・学術大会,福岡市,2013年6月2日.

佐々木善彦,山口晴香,織田隆昭,諏江美樹子,亀田綾子,羽山和秀,土持 眞:口蓋に発生した悪性抹消神経鞘腫瘍の一例,第18回日本歯科放射線学会臨床画像大会,東京,2013年11月2日.

羽山和秀,土持 眞,山口晴香,織田隆昭,諏江美樹子,亀田綾子,佐々木善彦:骨シンチグラフィー動態解析によるBRONJ症例の検討,第80回日本核医学会関東甲信越地方会,東京,2014年2月1日.

亀田綾子,山口晴香,織田隆昭,諏江美樹子,佐々木善彦,羽山和秀,土持 眞:口腔扁平上皮癌頸部後発リンパ節転移のCTによる検討,第33回日本画像医学会,東京,2014年2月21日.

2014年

2014年_放射線科 (PDFファイル)

【翻 訳】

羽山和秀,土持 眞,山口晴香,織田隆昭,諏江美樹子,亀田綾子,佐々木善彦:Tc-99m HMDP集積の動態解析によるビスホスホネート関連顎骨壊死が局所骨血流と骨代謝に及ぼす影響に関する検討(secondary publication),臨床放射線,60:297-303,2015.

2015年

【原 著】

*Ogura I, Kaneda T, Sasaki Y, Buch K, Sakai O. Prevalence of temporal bone fractures in patients with mandibular fractures using multidetector-row CT. ☆◎Clin Neuroradiol. 2015; 25: 137-141.

*Ogura I, Kawashima Y, Muramatsu T, Ito K, Kaneda T. Characteristic computed tomographic findings of midface fractures relative to the cause of injury: a fall or violence. ☆Oral Radiol. 2015; 31: 149-154.

2016年

【原 著】

*Ogura I, Hara Y, Tokunaga S, Kaneda T. Mandibular coronoid process fractures: prevalence and characteristic multidetector CT findings. ☆◇Oral Sci Int. 2016; 13: 33-36.

*Ogura I, Hirahara N, Muraoka H, Fukuda T, Hara Y, Tokunaga S. Characteristics of maxillofacial fractures in elderly patients compared with young patients. ◯◇Int J Oral-Med Sci. 2016; 15: 10-16.

*Ogura I, Iizuka N, Ishida M, Sawada E, Kaneda T. Spread of odontogenic infections in the elderly: prevalence and characteristic multidetector CT findings. ◯◇Int J Diagn Imaging. 2017; 4: 28-33.

2017年

【原 著】

*佐々木善彦. 歯科用インプラント体埋入後におけるインプラント体周囲骨吸収ー骨シンチグラフィ, 血中骨代謝マーカーによる検討ー. ◯日本口腔診断学会雑誌. 2017; 30: 256-262.

*Ogura I, Sasaki Y, Sue M, Oda T. Characteristic multimodal imaging of medication-related osteonecrosis of the jaw: comparison between oral and parenteral routes of medication administration. ☆◇Pol J Radiol. 2017; 82: 551-560.

*Ogura I, Sasaki Y, Oda T, Sue M. Structural variations in parotid glands induced by radiation therapy in patients with oral carcinoma observed on contrast-enhanced computed tomography. ☆◇Pol J Radiol. 2017; 82: 561-566.

*Ogura I, Sasaki Y, Sue M, Oda T. Diffusion-weighted imaging in the oral and maxillofacial region: usefulness of apparent diffusion coefficient maps and maximum intensity projection for characterization of normal structures and lesions. ☆◇Pol J Radiol. 2017; 82: 571-577.

*Ogura I, Sue M, Oda T, Sasaki Y, Hayama K. Comparison between mandibular malignant tumors and inflammatory lesions using 67Ga scintigraphy: relationship with panoramic radiography, CT and MRI findings. ◯◇Int J Diagn Imaging. 2017; 4: 67-73.

*Ogura I, Oda T, Sue M, Sasaki Y, Hayama K. Gallium-67 Scintigraphy in Differential Diagnosis of Malignant Tumours from Non-Tumorous Lesions of the Maxilla. ☆◇Chin J Dent Res. 2017; 20: 219-223.

*Ogura I, Hayama K, Sue M, Oda T, Sasaki Y. Submandibular sialolithiasis with CT and scintigraphy: CT values and salivary gland excretion in the submandibular glands. ☆◇Imaging Sci Dent. 2017; 47: 227-231.

*Ogura I, Oda T, Sue M, Sasaki Y. Changes of cerebrospinal fluid in the upper neck area with age using diffusion weighted MR imaging. ◯◇Int J Diagn Imaging. 2018; 5: 20-24.

*Ogura I, Sasaki Y, Oda T, Sue M, Hayama K. Magnetic Resonance Sialography and Salivary Gland Scintigraphy of Parotid Glands in Sjögren's Syndrome. ☆◇Chin J Dent Res. 2018; 21: 63-68.

2018年

【原 著】

*Sue M, Oda T, Sasaki Y, Ogura I. Age-related changes in the pulp chamber of maxillary and mandibular molars on cone-beam computed tomography images. ☆◎◇Oral Radiol. 2018; 34: 219-223. doi : 10.1007/s11282-017-0300-1.

*Oda T, Sue M, Sasaki Y, Ogura I. Diffusion-weighted magnetic resonance imaging in oral and maxillofacial lesions: preliminary study on diagnostic ability of apparent diffusion coefficient maps. ☆◎◇Oral Radiol. 2018; 34: 224-228. doi : 10.1007/s11282-017-0303-y.

*Ogura I, Sasaki Y, Sue M, Oda T. Strain elastography of tongue carcinoma using intraoral ultrasonography: a preliminary study to characterize normal tissues and lesions. ☆◎◇Imaging Sci Dent. 2018; 48: 45-49. doi : 10.5624/isd.2018.48.1.45.

*Ogura I, Nakahara K, Sasaki Y, Sue M, Oda T. Usefulness of shear wave elastography in the diagnosis of oral and maxillofacial diseases. ☆◎◇Imaging Sci Dent. 2018; 48: 161-165. doi : 10.5624/isd.2018.48.3.161.

*Ogura I, Oda T, Sue M, Sasaki Y, Hayama K. Comparison between squamous cell carcinoma and inflammatory diseases of the oral and maxillofacial region using gallium-67 scintigraphy with computed tomography and magnetic resonance imaging. ☆◎◇Pol J Radiol. 2018; 83: e452-e458. doi : 10.5114/pjr.2018.80209.

*Ogura I, Sasaki Y, Sue M, Oda T, Kameta A, Hayama K. Aging and cortical bone density of mandible with CBCT. ◯◇Int J Diagn Imaging. 2018; 5: 23-27. doi : 10.5430/ijdi.v5n2p23.

*Ogura I, Nakahara K, Sasaki Y, Sue M, Oda T. Diffusion-weighted magnetic resonance imaging in odontogenic keratocysts: preliminary study on usefulness of apparent diffusion coefficient maps for characterization of normal structures and lesions. ☆◎◇Chin J Dent Res. 2019; 22: 51-56. doi : 10.3290/j.cjdr.a41775.

外部研究費

2009年

学術振興会科学研究費補助金,基盤研究(C)(一般)外山三智雄(代表),佐々木善彦(分担),那須優則(分担)口腔乾燥症に対する血管新生療法を用いた唾液腺機能の再生に関する研究

学術振興会科学研究費補助金,基盤研究(C)(一般)土持 眞(代表),羽山和秀(分担),坪川紀夫(分担)亀田綾子(連携),諏江美樹子(連携)ナノ粒子キャリアによる口腔癌センチネルリンパ節転移イメージングの基礎的研究

2010年

学術振興会科学研究費補助金,基盤研究(C)(一般)(継続)ナノ粒子キャリアによる口腔癌センチネルリンパ節転移イメージングの基礎的研究,土持 眞(代表),羽山和秀(分担),坪川紀夫(分担)亀田綾子(連携),諏江美樹子(連携)

2011年

学術振興会科学研究費補助金,基盤研究(C)(一般)(継続)ナノ粒子キャリアによる口腔癌センチネルリンパ節転移イメージングの基礎的研究,土持 眞(代表),羽山和秀(分担),坪川紀夫(分担)亀田綾子(連携),諏江美樹子(連携)