日本歯科大学 新潟生命歯学部

大学紹介

解剖学第1講座

所属構成員等

教授/影山幾男
教授/笹川一郎(併任:先端研究センター・解剖学)
准教授/吉村 建
助教/小林一広、竹澤康二郎
客員教授/熊木克治
非常勤講師/浅見知市郎、阿部隆士、小林圭一、村上和也、野中幸治、村山敏明、稲富道知、澤口正俊、相澤幸夫、時田幸之輔、長谷川雅子、小林千紘、鈴木了、前田信吾、里田隆博、宮脇誠、宮脇佳子、奈良貴史
事務職員/和久井秀子(併任)

解剖学第1講座の心得

解剖学第1講座イメージ解剖学第1講座の合言葉は「ヒトに役立つ形態学」である。形態学とは帰納法的学問で、単なる暗記の学問でない。 我々は主にヒトの形態学的所見を正確に捉え、その際生じた疑問点について仮説を立て、発生学的比較解剖学的な情報、または実験によって法則性を発見する研究を行っている。 特に、我々の研究成果が人の為に役立つ事が大切と考える。

  1. 常に、楽しんで研究できる環境づくりに努力する。
  2. 半ばは自己の幸せを、半ばは組織の幸せを考える(自利利他)
  3. 研究はすべて自分の決心で行う。(やらされていると思うな)
  4. 継続性、組織性、合理性の習慣をつける
  5. 気力、体力、思考力の限界を作らない。(へばったらがんばれ)

研究テーマ

  • 歯の人類学
  • 頭頸部における臨床解剖学
  • 有効なPBLテュートリアル教育
  • 各種脊椎動物の舌及び口腔粘膜の微細構造に関する比較形態学的研究
  • 舌並びに口腔粘膜の外的環境因子による形態変化
  • 脊椎動物の歯の発生についての微細構造学的および組織細胞化学的研究
  • ヒトの歯の形態学的および組織学的研究
  • 歯の退化に関する研究
  • 人類進化学
  • 脳神経の神経線維解析

学生教育

1学年後期のヒトの一生の講義から始まり、2学年には口腔解剖学、解剖学、顎口腔運動制御学、唾液と唾液腺、人類学の講義を担当する。実習では、2学年前期の口腔解剖学実習において、頭蓋のスケッチ、口腔の観察を指導する。2学年の後期には約30回の長期に亘る肉眼解剖学実習を担当する。解剖学実習は献体者の最後のボランティア行為として提供され、歯学部学生は、実習によって医の道を問われることになる。歯学生は、ご遺体を最初の患者だと考えて真摯な態度で接することを望む。昨年より新潟生命歯学部では4人から5人で一体のご遺体を解剖させていただいている。よって常に以下の3項目を念頭に入れさせて解剖をさせている

  1. どんなに些細(ささい)に見えることもおろそかにしないで粘り強く解剖する。
  2. 正確に観察して得た根拠を持って確実な同定を行う。
  3. 所見を整理して総合的に判断考察する。

その他

4月後半に日本歯科大学主催の慰霊祭を行っている。その際、白菊会会員との総会も開催している。

解剖学第1講座 研究年報


2012年

奈良貴史:ヒトはなぜ難産なのか―お産からみる人類進化―岩波書店,2012年

Yoshimura K, Shindo J, Kageyama I.:Comparative Morphology of the Papillae Linguales and their Connective Tissue Cores in the Tongue of the Greater Japanese Shrew-mole, Urotrichus talpoides. Anat Histol Embryol. 2013 Feb; 42(1): 21-9.

Takezawa K, Kageyama I: Newly identified thin membranous tissue in the deep infratemporal region. Anatomical Science International, 2012; 87: 136-140.

Nashida T, Sato R, Haga-Tsujimura M, Yoshie S, Yoshimura K, Imai A, Shimomura H.:Antigen-presenting cells in parotid glands contain cystatin D originating from acinar cells. Arch Biochem Biophys. 2013; 530(1): 32-9.

影山幾男:もっとよく身体の仕組みを知ろう-股関節の解剖,Holos(ホロス)2012; 34: 32-33.

影山幾男:もっとよく身体の仕組みを知ろう-肩関節の解剖と機能Holos(ホロス)2012; 35: 31-33.

影山幾男:もっとよく身体の仕組みを知ろう-肘の解剖Holos(ホロス)2013; 36: 27-29.

鈴木雅也,新海航一,小菅直樹,高橋正志:Q&A コンポジットレジンの色調変化, DENTAL DIAMOND 2013, 38(2): 96-97.

Eric W.Baker, 影山幾男:(共訳)頭頸部の断面解剖314-344,監訳者:坂井建雄、天野修:プロメテウス解剖学アトラス 口腔・頭頸部,医学書院,東京,2012年

2013年

笹川一郎(分担):肉鰭類,迷歯類,爬虫類の特徴と系統,主竜形類,広弓類,魚鰭類,鳥類の歯,後藤仁敏,大泰司紀之,田畑純,花村肇,佐藤巌編,82-84,90-92,99-101,108-113, 117-118,歯の比較解剖学,第二版,医歯薬出版,東京,2014,ISBN978-4-263-45779-5.

影山幾男(分担):筋,神経,阿部伸一,下田信治,髙橋富久,藤村 朗編,井出吉信監,57-64,117-119,169-174,口腔顎顔面解剖ノート,第1版,学研書院,東京,2014,ISBN978-4-7624-0687-4.

影山幾男(分担):歯の異常,近藤信太郎,中村雅典,松野昌展編,74-79,歯の解剖学,初版,わかば出版株式会社,東京,2014,ISBN978-4-89824-069-4

笹川一郎(分担):歯,日本獣医解剖学会編,144-149,獣医組織学,第六版,学窓社,東京,2014,ISBN978-4-87362-744-1

影山幾男(分担):咽頭,前田健康監,402-418,ネッター頭頚部・口腔顎顔面の臨床解剖学アトラス,第2版,医歯薬出版株式会社,東京,2014,ISBN-978-4-263-45778-8

Makoto T, Kazuhide H, Michio T, Ichiro S and Norio T.: Dual-modality imaging with

99mTc and fluorescent indocyanine green using surface-modified silica nanoparticles for biopsy of the sentinel lymph node: an animal study. ☆EJNMMI Research, 3:33, 2013. Doi:10.1186/2191-219X-3-33.

Ichiro Sasagawa, Mikio Ishiyama, Hiroyuki Yokosuka and Masato Mikami. Teeth and ganoid scales in Polypterus and Lepisosteus, the basic actinopterygian fish: An approach to understand the origin of the tooth enamel. ◎Journal of Oral Biosciences, 55, 76-84, 2013. Doi: org/10.1016/j.job.2013.04.0012)

田口哲也, 小林一広, 奈良貴史 : 千駄ヶ谷五丁目遺跡3次調査140号遺構から出土したヒト遊離歯の人類学的調査, 千駄ヶ谷五丁目遺跡3次調査 -新宿駅新南口本屋基礎解体・鉄道防護工事他に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書-,
: 252, 2013.

影山幾男:Medical English Education in the Dental Sector, Journal of Medical English Education, 12(3), 71-73, 2013

影山幾男:肉眼解剖学セミナー新潟の展望:形態科学,17(1):11~16,2014

2014年

2014年 解剖学第1講座 (PDFファイル)
【著 書】

影山幾男:田中収,嶋田淳,白川正順編,インプラント デンティストリー エンサイクロペディア,1版,クインテッセンス出版,東京,2014.

【原 著】

Sasagawa I,Ishiyama M,Yokosuka H,Mikami M,Shimokawa H,Uchida T. Immunohistochemical and Western blot analyses of collar enamel in the jaw teeth of gars,Lepisosteus oculatus,an actinopterygian fish. Connective Tissue Res. 2014;55:225-233.

Yoshida M,Hasegawa K,Kageyama I,Maeda S,Kitahara K. An Anatomical Study of Lingamentum Flavum in Reference to Minimally Invasive Lumbar Decompression. J Spine Res. 2015;6:103-109.

Edama M,Onishi H,Kumaki K,Kageyama I,Watanabe H,Nashimoto S.Effective and Selective stretching of the medial head of the gastrocnemius. Scan J Med Sci Sports. 2015;25:242-250.

【総説・解説】

影山幾男:もっとよく身体の仕組みを知ろう-呼吸器系(後半),Holos(ホロス),40:9-11,2014.

影山幾男:もっとよく身体の仕組みを知ろう-視覚器系, Holos(ホロス),41:9-11,2014.

影山幾男:もっとよく身体の仕組みを知ろう-平衡聴覚器系, Holos(ホロス),42:9-11,2015.

【報告・紀要】

影山幾男:肉眼解剖学セミナー新潟の展望,形態科学,17:11-16,2014.

2015年

【著 書】

影山幾男、守口龍三 (共著) : スーパーグラフィック人体のツボ(経絡・経穴). 初版, ナツメ社, 東京, 2015. ISBN978-4-8163-5883-8.

【原 著】

Kageyama I, Yoshimura K, Satoh Y, Nanayakkara CD, Pallegama RW, *Iwasaki SI. Proposal for research and education: joint letures and practicals on central nervous system anatomy and physiology.J Physiol Sci. 2015; 1-10. doi : 10.1007/s12576-015-0428-x .

*Takezawa K, Kageyama I. Nerve fiber analysis on the morphology of the lingual nerve.Anat Sci Int. 2015; 90: 298-302. doi : 10.1007/s12565-014-0267-5.

*Edama M, Onishi H, Kubo M, Takabayashi T, Yokoyama E, Inai T, Kageyama I (10th) (10 authors). Gender differences of musck and crural fascia origins in relation to the occurrence of medial tibial stress syndrome.Scand J Med Sci Sports. 2015; 24: 1-6. doi : 10.1111/sms12639.

*Edama M, Onishi H, Kumaki K, Kageyama I, Watanabe H, Nashimoto S. Effective and selective stretching of the medial head of the gastrocnemius.Scand J Med Sci Sports. 2015; 25: 242-250. doi : 10.1111/sms12203.

*Edama M, Kubo M, Onishi H, Takabayashi T, Inai T, Yokoyama E, Kageyama I (9th) (9 authors). The twisted structure of the human Achilles tendon.Scand J Med Sci Sports. 2015; 25: e497-e503. doi : 10.1111/sms12342.

*Edama M, Kubo M, Onishi H, Takabayashi T, Yokoyama E, Inai T, Kageyama I (9th) (9 authors). Anatomical study of toe flexion by flexor hallucis longus.Annals of Anatomy. 2016; 204: 80-85. doi : org/10.1016.

2016年

【著 書】

影山幾男, 一杉正仁他 (共著) : 医学・医療系学生のための総合医学英語テキスト,ステップ1. 1, メジカルビュー社, 東京, 2016. ISBN978-4-7583-0448-1 C3347.

1) Yoshimura K, Nashida T, Mikami M, Kageyama I (分担) : Asimple electroporation method of green florescent protein-transfection and in vitro imaging of organ-cultured embryonic lingual tissue. A.Méndez-Vilas : Microscopy and imaging science:practical approaches to applied research and education. 1, Formatex Research Center, Badajoz,Spain, 2017, 11-17. ISBN-13:978-84-942134-9-6.

1) 笹川一郎 (分担) : 第10章消化器系 3.歯. 日本獣医解剖学会編 : 獣医組織学. 7, 学窓社, 東京, 2017, 142-147. 978-4-87362-754-0.

【原 著】

*Sasagawa I, Oka S, Mikami M, Yokosuka H, Ishiyama M, Imai A. Immunohistochemical and Western blot analyses of ganoine in the ganoid scales of Lepisosteus oculatus, an actinopterygian fish. ☆J.Exp.Zool.(Mol.Dev.Evol.). 2016; 326B: 193-209. doi : DOI:10.1002/jez.b.22676.

Edama M, Kubo M, Onishi H, Takabayashi T, Yokoyama E, Inai T. Mechanistic investigation of Achilles tendon disorder development using anatomical and biomechanical methods..Foot and ankle online journal. 2016; 9: 5.

Edama M, Onishi H, Kubo M, Takabayashi T, Inai T, Yokoyama E. Structure of the Achilles tendon at the insertion on the calcaneal tuberosity..J.of Anatomy. 2016; 229: 610-614.

Edama M, Kageyama I, Nakamura M, Kikumoto T, Nakamura E, Ito W. Anatomical study of the inferior patellar pole and patellar tendon.Scan.J Med Sci Sports. 2017; in press:

外部研究費

2012年

日本学術振興会科学研究費補助金 基盤(C)(継続),吉村 建(代表) 舌粘膜乳頭新生技術確立の為の胎生ラット・ブタ舌乳頭形態形成関因子の探索

2013年

日本学術振興会科学研究費 基盤(C)吉村 建 新規 平成25年度~平成27年度
舌乳頭新生技術確立の為の胎仔培養舌粘膜組織siRNA導入による形態形成干渉の検証
吉村 建 273万円

2014年

日本学術振興会科学研究費,基盤(C)新規,平成25年度~平成27年度,舌乳頭新生技術確立の為の胎仔培養舌粘膜組織siRNA導入による形態形成干渉の検証,吉村 建,273万円.